舟木兄弟
舟木兵馬
舟木兵馬
舟木数馬
舟木数馬
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--  [ スポンサー広告 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいちタン

2008年11月29日 23:59  [ 兵馬のぬふぅ ]
仲良し

兵馬だ

ここのところは有名な真暴ヵ団ギルドの公明とつるむ事が多くなった。
彼がいる所にエルフの腐臭あり。自然と集うのはいたしかたなき。

今日は晒しスレで常連の可愛いと評判のたいちタンと初めて会った日だ。
エルフ支持であったのでみんなで仲良く小一時間くらい交代で○○した。

チュパチュパ

たいちタンの旦那(今は関係は冷めきっている)の梅干みてぇな頭のドナルド31も紹介してもらい、兄弟で順番にチュパってもらった。
スポンサーサイト

人生に師匠を。

2008年11月23日 23:30  [ 数馬のぬふぅ ]
師匠

数馬だ

ティルコネイル村で意外な人物に会った、彼こそが俺たちが師と仰ぐ『光るみかん』師匠だ。

エリン随一の変態であり、俺たちに変態であることの意義、変態であることの素晴らしさを教えてくれた人物だ。

俺は今でも新橋のホルモン焼きの店で師匠が芋焼酎片手に 『変態は罪じゃないんだ、変態を忌むことこそが罪なんだ』 と言った直後に従業員の女性に「ねぇねぇwメニューにあるコブクロって君の体でいったらどこなのwww」と言っていた時の事が忘れられない。
(※コブクロ→子宮)

師匠として俺たちにお言葉をかける傍らにも、横にいる女性達の頭皮の臭いをかいだり、スカートのスリットをまくりあげて“見えそう”になると戻したりと変態行為に余念がなかった。

俺らは俺らで傍らにいたジャイガールのオッパイが気になり、師匠がなに言ってたかはよく覚えてないが、同じジャイアントのよしみで「エルフの撲滅」についてもちかける建て前でやはりオッパイから目が放せなかった。

オッパイ


このジャイガール『銀波動』こそが、後に「黒衣ときどき緑衣の鬼女」「レディース紅蓮双翼三代目総長、踏撃のお銀」等と呼ばれ、広くエルフに恐れられる存在になるとは、この時の俺たちには知る由もなかった。

信仰の在り方と価値観と

2008年11月22日 22:53  [ 数馬のぬふぅ ]
“探検”

なんと人の冒険心をくすぐる言葉だろうか?古来からそう言った冒険心こそが人類を未開の領域にシフトさせてきたのだ。

そんなわけで今日は天気がいいので探検に出かけることにした。

探検1

手にしたLロッドに期待を寄せて探し回ること数秒、さっそくLロッドに反応があった。

探検2

徐々に強くなる反応に任せ歩みを進めるとそこには…

探検3

何人もの人が座り込みなにやら集会を催していた、この廃墟みたいなうらぶれた場所、薄暗い照明、周囲に立ちこめる煮詰めた雑草のような香の臭い…これは、サバトってやつだな。

一般的にはサバトと言えば黒ミサとか言われ、黒山羊の頭の悪魔バフォメットとか魔女とかが全裸でワッショイしている忌まわしい邪教の乱痴気騒ぎで今夜は朝までフィーバー!エディバディダンスナウ!!ってイメージだと思う。

まあ概ねそうなんだろうが、あれらはエリンに今の聖堂ありきの拝金主義な宗教が広まる以前の、生命を生み出す女とゆー存在を神聖なものとした自然信仰の古代宗教の信仰模様の一つだ、現行の宗教が広まってからは邪教のレッテルを張られ排斥されていたがやはりこういった形で今も信仰が続けられているのだろう、俺たちは全裸でワッショイのパートを待つべ学術的な好奇心からそのサバトの様子を見学することにした。

探検4

この集まりの首謀者とおぼしき女性が前にでてなんか言ってる、なるほどこいつも全裸でワッこーゆーふーに進行してくんだな。

探検5

なにやら呪文を唱え始めた、なにを言ってるのかわからないが、おそらく古来からの作法にのっとりヘブライ語で神に祈りを捧げているのだろう。

探検6

その後何人か入れ替わりでヘブライ語で祈りを捧げていたが、いつまでたっても全裸でワッショイのパートは始まらなかった。

やはり信仰の形も時として変わってしまうんだな、次々と新しい価値観が生まれていくなか、古いものが元々の形で現存することは難しいってわけだ。


俺たちは邪教の黒ミサが行われていると法王庁に密告すべく、その場を後にした。

その威厳たるや

2008年11月18日 00:31  [ 数馬のぬふぅ ]
ちょっと寒い

数馬だ

ジャイアントにも国家があり国王がいる、今日はなんか知らんがバレスのクリューグ国王に呼び出されたので、このクソ寒いバレスまで謁見しにきたわけだ。

この国王はオッパ…王妃キリネにメロメロの色ボケオヤジで国内でもその評判はよくない。

したい


オッパ…王妃もぶっちゃけヒいてるようだ。

いいのに


ただ昔何があったか知らないがエルフに対して尋常ならぬ憎悪をはらんでいる点においては同意できる。

てゆーか


だが手ぬるい、俺たち二人がこの国の王になれば、世界中のジャイアント総動員でエルフ国家フィリアに攻め込み、男女問わずはらませ純血のエルフの血を断つ、生まれた子供はジャイアント語を標準語とし、弓や魔法などのエルフ臭い文化の起源は全てジャイアントのものとして教育する、エルフの書物は燃やし、フィリアの建造物の全てはみんなでせーのでストンプして砂に戻す。

ここまでしなけりゃ異民族を滅ぼすなんてことは到底不可能だ、理想だけ唱えて甘ったれた国王では無理だろうな、まあ居城も玉座もないしみったれた王位だが、いずれは俺たちがもらってやろう、オッパイ王妃は俺と兄者2人の嫁だ。

ワハハ
ワハハハ

乾く暇もないとはこの事よ

2008年11月17日 16:43  [ 兵馬のぬふぅ ]
兵馬だ

嫁の一部を紹介しよう。
つまり俺と数馬二人の相手をしてきた嫁だ。
多すぎて全て載せきれぬが厳選した。

公開しきれない

ケツしか掘らないが掘られたい奴は1chダンバートンNEET通りにて座っておるがいい。
つまりNEET通りにて座ってる奴は舟木兄弟に掘られたい奴だと見ていい。

しかしこの世界、圧倒的に男娼が少ないな。男娼も求む。

焼ける淵

2008年11月16日 00:16  [ 数馬のぬふぅ ]
邪魔だクソ

数馬だ

気分良く温泉に浸かってる間に…猿ウゼェな…クソ、温泉について話そうか。

温泉の起源は西暦80年ほどにさかのぼる、当時のローマ皇帝ドミティアヌスが遠征に出たさいにホコホコに湯気だった沼を見つけた、地元の人間が恐れて近づかないこの沼に家来に命じ敵国の捕虜を何人か手足を縛ったまま投じた所、普通にそのまま浮かんで来なかった事が始まりとされている、つまり最初は処刑の一環として温泉が利用されていたのだ、恐ろしい話だな。

その時の処刑名『オンヌセングゥス(焼ける淵)』というラテン語がなまって現在の『おんせん』に至ったって説もあるが、これは流石に眉唾ものだな。

そしていくつかの犠牲と研究心と好奇心によりヨーロッパとアジアを得て1480年に日本に温泉という文化が導入された、それまでは潤沢な温泉資源がありながらも、もったいないことに日本人は風呂として入ることはしてなかった、せいぜい湯気を蒸し物に使ったり卵を茹でてたぐらいだったと言われているんだ。


まあ全部嘘なんだけどよ。

希望と誇りをもって生きる

2008年11月15日 12:10  [ 数馬のぬふぅ ]
ザボンを王冠にみたて

数馬だ

村でとある少年と会った。

「自分の父親はとある皇族の血筋であり、いつか自分が皇帝の座につく」といってはばからない少年だった。

おそらく母親から「いまでこそこのような生活だが、いつか父親が迎えにきて皇帝として生きるときがくる、それまで誇りをもって生きなさい」と繰り返し聞かされて育ったのであろう。

権力者が余所の女とヨロシクやっといてデキちゃったら音信不通ってのはよくある話だ、母親は子供だけを希望にジリ貧の生活を生き抜き、子供はその希望だけを誇りに生きるが、権力者の父が迎えに来て…という話はまずありえない。

だがこの大きなザボンの皮を王冠にみたて下着一枚で無邪気に笑うイタチのような体臭がする少年に誰が真実を告げられよう?唯一の希望と誇りを誰が踏みにじる事を誰ができよう?

俺たちは「俺が皇帝になったらお前ら奴隷にしてやんよwww」と、だんだん調子コイてきた彼に優しく言った。


『お前の父親は迎えに来ない』

童心に返る機会2

2008年11月13日 23:34  [ 兵馬のぬふぅ ]
ボヨヨン岬

兵馬だ

シーソーを横取りして楽しもうと思ってもシーソーを破壊して放棄する軟弱者が多いので自分でも購入し設置する事にした。

しかし募集をかけるも全然参加者は現れず。ノンケでも一向に構わないわけなのだがな。見かねた弟者が照れくさそうに乗ってくれる。

そして高く跳ぶといつも通りゴミの入った汚い袋がもらえたが、コョコョの袋には結構な装備が入っていた。
どこの世界の神様でも俺たち双子には心ないマネをしやがるものだな。

マーシー

まぁそんな悪くはないイベントだな。

童心に返る機会

2008年11月13日 23:15  [ 数馬のぬふぅ ]
mabi_2008_11_13_017.jpg

数馬だ

そこら中で富士ゼロックスのCMのよーにシーソーで跳ね回ってる奴らがいた。

兄者はどうかわからんが、さしもの俺も子供だったころもあり、童心に返りこのシーソーを”横取りして”楽しむことができた。

そして高く跳ぶとなんかよくわからん汚い袋がもらえたが、あけるとゴミが入っていたので捨てた、どこの世界にも心ないマネをする連中がいるものだな。

動かぬ人

2008年11月07日 20:44  [ 数馬のぬふぅ ]
mabi_2008_11_07_012.jpg

数馬だ

ダンバートンと呼ばれる街にでてみた。

ティルコネイル村とは違い大勢の人がいる様子に、かつての宿場町を思い起こされる賑やかさだが、ふと違和感に気づいた。

人こそ大勢いるが身動き一つとらない連中が多いのだ、俺らなりに考えて柔和な態度でコミュニケーションに望んでみたが返答は得られなかった。

この街でも俺たちがジャイアントであるという事実から、なにかしら差別を受けているのだろうか?

差別

俺のもっとも嫌いな概念の一つだ、差別感情は喜怒哀楽同様にベーシックな感情ではあるが、喜怒哀楽と違い、その感情を表沙汰にすることをはばかられるべき、言わば人間の悪しき面なのだ。

語ると長くなりそうなので、これだけは言わせてもらおう


俺には許せない物が2つある

文化や人種や価値観の差など、些細なことで人を差別する者。

そしてエルフだ。

兄弟揃って・・

2008年11月01日 16:37  [ 数馬のぬふぅ ]


数馬だ

先日のエルフ襲撃事件の傷も癒え、すこしばかりヤボ用で出かけた俺は、出先で兄者にバッタリあった。

聞いてもないのに「よう弟者、ちょっとヤボ用でな」と話す兄者だが、恐らくエリンで一番乳がデカいと噂されるこの女の話を聞いてきたのだろう。

その大小ではなく「オッパイが好き」と路傍で豪語する兄者のオッパイ好きにも困ったものだ、末妹の「千加」の傷も癒えきらぬというのにお盛んなものだ。
 

当サイト内にある『Mabinogi』に属する全てのコンテンツのデータ画像等の著作権は運営元であるNexon社及び開発元のdevcat社に帰属します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。